字源

編集
             

 

 
甲骨文字 金文

金文 金文 簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義

編集
  1. おもう
  2. 留める
  3. (漢数字「廿」の大字はた二十
  4. (仏教) 記憶作用対象亡失しないのはたらき。五位七十五法ごいしちじゅうごほう心所法しんじょほうのうち、大地法だいじほうのひとつ(ウィキペディア「五位」も参照)。

日本語

編集

発音(?)

編集

名詞

編集

(ねん)

  1. 思い気持ち
    • 望郷の念
  2. よく気を付けること。
    • 念を入れる

派生語

編集

熟語

編集

中国語

編集

*

動詞

編集
  1. (声に出して)
  2. なつかしく思う

数詞

編集
  1. (大字)二十

人名

編集
  1. 中国人ののひとつ。

熟語

編集

朝鮮語

編集

*

熟語

編集

ベトナム語

編集

*

動詞

編集
  1. 念じる

コード等

編集