漢字編集

字源編集

 

 

 

 
金文

金文

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. おもいこころ
  2. おもうかんがえる

日本語編集

発音編集

おき(田沼意次

名詞編集

  1. 意向、気持ち、何かをしたいとの思い。
    • 意を決する。意を尽くす。意を注ぐ。意を強くする。我が意を得る。意に染まない。意に介さない。意余って力足りず。
    1. (特に目上の者の意向)
      • 社長のを受けて参りました。
      • 意を体する。意を酌む。
  2. 意味
    • アナログとは本来は「類似」の
  3. (仏教) 知覚機能知覚器官六根十二処のひとつ。意根いこん意処いしょに同じ(ウィキペディア「三科」も参照)。

熟語編集


中国語編集

*

略称編集

意大利の第1字)

  1. イタリアを意味する語を作る。

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


ベトナム語編集

*

名詞編集

ý

  1. かんが

固有名詞編集

Ý

  1. イタリア

コード等編集

点字編集