日本語編集

動詞編集

  1. つ)を使って、重量支える
  2. (持つ)(「お持ちする」の形で)持っていく。持ってくる。持参する。
  3. (持つ)手でしっかりつかむ
  4. (持つ)手元において、自らの支配下にある。所持する、占有する。
    • 傘を持たないで出かけた。
  5. (持つ)所有する。
    • 定年後にようやく家を持った。
  6. (持つ)性質性格資格を有している。
    • その免許持っていない。
  7. (持つ)負担する。
    • この場の支払いは、僕が持とう。
  8. (持つ)(会合等を)開く開催する。
    • 今度一席持ちましょう。
  9. (持つ、つ)ある安定した状態継続させる。たもつ維持する、保持する。
    • そんなに曖昧根拠では、会議もたないよ。
    • この食品は、一週間持(保)つな。
    • そんなに注文をつけられては、身が持たない。

活用編集

も-つ 動詞活用表日本語の活用
タ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 もたない 未然形 + ない
意志・勧誘 もとう 未然形音便 +
丁寧 もちます 連用形 + ます
過去・完了・状態 もった 連用形音便 +
言い切り もつ 終止形のみ
名詞化 もつこと 連体形 + こと
仮定条件 もてば 仮定形 +
命令 もて 命令形のみ

発音編集

東京式アクセント編集

も↘つ

も↗た↘も↗と↘ (未然形)
も↗ち (連用形)
IPA: /??/
X-SAMPA:/??/
京阪式アクセント編集
も↗つ

翻訳編集

名詞編集

もつ

  1. 鳥獣肉の内臓を原料とした食材

語源編集

  • 内臓の異称「臓物(ぞうもつ)」より

発音編集

も↘つ

類義語編集

翻訳編集


古典日本語編集

発音編集

二拍動詞二類

平安時代編集

も↗とぅ

室町時代以降編集

も↗つ

動詞編集

もつつ】

  1. もつ。所有する。
  2. こころいだく。
  3. 身に付ける
  4. たもつ。維持する。
  5. (連用形の形で)使つかって。
も-つ 動詞活用表日本語の活用
タ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形