漢字編集

字源編集

  • 象形、人がの字で布団の上に寝ている姿を象る。そこから派生して、寝ていることに「よる」、寝ていることから「じる」、即ち「物事の始まり」を意味するようになった。
   

 

 
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. おこり。物事の始まり
  2. よるちなむ。何かの原因となる。
  • 対義字:

日本語編集

発音編集

名詞編集

熟語編集


中国語編集

*

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


ベトナム語編集

*


コード等編集

点字編集