漢字 編集

字源 編集

     

 

 

 
金文 甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義 編集

  1. きのと。十干の2番目。
  2. (語義1より)つぎの、二番手の。(例)乙種

日本語 編集

発音(?) 編集

名詞 編集

(きのと)

  1. きのと十干の2番目。

形容動詞 編集

(おつ)

  1. かわりばえがし、があるさま。
    • 次は、肉を刻み油でいため、蕃茄羹トマトじるをかけたものだ。これも、である。(佐藤垢石『たぬき汁』)〔1941年〕[1]
    • 「オッ。なことを云うじゃないか。源次にしては上出来だ」(坂口安吾『町内の二天才』)〔1953年〕[2]

活用

ダ型活用
乙-だ


略語 編集

(おつ)

  1. (インターネット・スラング)おつかれさまの略。

用法 編集

単に相手をねぎらうために用いられることもあれば、相手を特定の立場にあるものだと決めつけて、あしらうために用いられることもある。

造語成分 編集

  1. 若いの。(例)乙女おとめ乙子おとご乙姫おとひめ

熟語 編集

関連語 編集

十干

文字 五行
コウ きのえ
オツ きのと
ヘイ ひのえ
テイ ひのと
つちのえ
つちのと
コウ かのえ
シン かのと
ジン みずのえ
みずのと

中国語 編集

*

接頭辞  編集

  1. (有機化学) 炭素数2個のアルカンエタン)、アルケンエテン)、アルキンエチン)、アルキル基エチル基)等に関する接頭辞、IUPAC命名法における、eth-etho-ethyl-に相当。

人名 編集

  1. 中国人ののひとつ。

熟語 編集


朝鮮語 編集

*

名詞 編集

  1. きのと
  2. 二番目

熟語 編集

吏読 編集

  1. 【助詞】/

ベトナム語 編集

*

コード等 編集

点字 編集

編集

  1. 青空文庫(2006年11月19日作成)(底本:「日本の名随筆59 菜」作品社、1997年5月20日第8刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/001248/files/46519_25613.html 2018年3月17日参照。
  2. 青空文庫(2009年4月19日作成)(底本:「坂口安吾全集 14」筑摩書房、1999年6月20日初版第1刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42959_34964.html 2018年3月17日参照。