ばら および バラ も参照。

日本語編集

名詞:原編集

はら

  1. (地形) (草の生えた)ひろたいらな土地

発音編集

類義語編集

対義語編集

翻訳編集

名詞:腹・肚編集

はら,

  1. の、などがある部分。胴の、肋骨よりあし下肢うしろあし)に近い部分のうち、ぼねから肋骨の出る方向にある側の柔らかい部分。しりの反対側にあたる部分は、したばらと呼んで区別することがある。また特に胃、または胃腸
  2. ものを人や動物の胴に見立てて腹にあたる部分。もののふくらんだ部分。
  3. 人の、ものをふかかんがえたりかんがえをしまっておいたりする部分。また深い考え。心中。腹づもり。魂胆
    • を読む。
    • 南蛮寺を建てた原因はな、例の途方もない財産を、一所に集めるためだったのさ。集まったところでふんだくってやれ、つまりこういうだったのさ。(国枝史郎「剣侠受難」)
  4. 度量度胸
    • をくくる
    • をすえる
  5. 懐中ふところ財布
    • 彼はが痛まない。(出費がない)
  6. 【腹】定常波(wp)で、最大限振動している部分
  7. 昆虫の主な体節のひとつ。胸の下にある。

発音編集

類義語編集

派生語編集

翻訳編集

名詞:大角編集

はら

  1. 大角はらのふえの略。

動詞編集

はら

  1. はる」の未然形。

接尾辞編集

はら

  1. 数助詞。 さかなたまご卵巣)を数えるのに使う。

沖縄語編集

名詞編集

はら

  1. がわ方面

接尾辞編集

はら

  1. 〜の側。〜の
  2. 〜の親類

北奄美大島語編集

名詞編集

はら

  1. (母親の)はら。

古典日本語編集

発音編集

二拍名詞三類(?)

名詞編集

はら

  1. (解剖学) おなか腹部
  2. 中程なかほど部分
  3. その女性からまれたこと。また、その人。
  4. 血筋ちすじ
  5. ち。かんがえ。心中