Wiktionary:編集室

Wiktionary:居酒屋から転送)

ウィクショナリーにお越しの皆様、ようこそ! ここはウィクショナリー日本語版についての様々な事柄について、皆様と一緒に話し合う、ウィキペディアでいう井戸端に相当する場所になります。告知や意見募集を行いたい場合はWiktionary:おしらせもご利用ください。


This page is used to ask, propose and discuss the operations, policies and new ideas of Japanese Wiktionary. If you just want to inform Japanese Wiktionary editors of something such as a proposal in other place, you can use Wiktionary:おしらせ.


以下ここに書きこむ場合の注意事項です。

  • 自分の意見を述べた場合、文章の最後に署名をしてください(~~~~と打ち込んでください)。
  • 新しい議題を持ち上げるときは、節を使用してください。下のリンクをクリックすると、新しく議題を作ることができます。

ログ編集


タグを非表示にしてください編集

特別:タグ一覧 にあるタグですが、ほとんど表示される必要性のないものばかりです。必要だと思料されるのは、「差し戻し済み」「白紙化」「ソートキーの書式に修正が必要」くらいです。モバイルで編集したからといってそれがなんだというのか。ビジュアルエディターから途中で切り替えたからといってそれがなんだ。もう何年も経つけどリダイレクトを作っただけで「新規リダイレクト」と警告じみたタグが出るし。絵文字で発火するのは日本文化をばかにしているのか。最近では画像を貼っただけで「メディア追加」とかわけの分らんタグが出るようになったようです。RCや利用者の投稿履歴を穢しているだけです。地雷みたいなもので正直鬱陶しいです。やりにくくてしかたがない。--Charidri (トーク) 2021年10月3日 (日) 10:06 (UTC)

  • MediaWikiのソフトウェアに必ず付いてくるものなので、ウィクショナリー日本語版ではどうすることもできません。どうしてもというならWikimedia Phabricatorでご提案ください。--都会の中の田舎 (トーク) 2021年10月25日 (月) 09:42 (UTC)
  • 簡単にできることとしては、ユーザー設定中にリンクされている個人用CSSに(未作成ならページ作成の上).mw-tag-markers { display: none; }を追加すると、タグの表示が全て消えるはずです(個人用の設定が変わるだけなので、他の人には見えるままです)。 --whym (トーク) 2021年11月7日 (日) 12:25 (UTC)

一部字音の小書きについて編集

ウィクショナリーではキャゥのように一部字音の韻尾を小書きしていますが、正直言って不適当だと思います。まず、用例がほとんど見受けられません。一部の者が提唱しているにすぎず[1]、学会で広く受け入れられたとは言えません。最新の研究成果を積極的に取り入れ、字音仮名遣いにこだわったことで知られる三省堂の『漢辞海』・角川の『新字源』でも採用されていませんし、この分野の権威とも言える『訓点語と訓点資料』でも用例を確認できません。その提唱している佐藤正彦氏について調べてみましたが、学位の有無や査読された論文は確認できませんでした。はっきりいって素人の独自研究を載せているだけです。このような学会で受け入れられていない仮名遣いを、あたかも一般的な仮名遣いであるかのように載せるのはやめるべきです。--2A00:C68:0:CBD0:0:0:0:A01E 2021年12月3日 (金) 13:16 (UTC)

Wiki Loves Folklore is back!編集

あなたの言語への翻訳をお助けください

You are humbly invited to participate in the Wiki Loves Folklore 2022 an international photography contest organized on Wikimedia Commons to document folklore and intangible cultural heritage from different regions, including, folk creative activities and many more. It is held every year from the 1st till the 28th of February.

You can help in enriching the folklore documentation on Commons from your region by taking photos, audios, videos, and submitting them in this commons contest.

You can also organize a local contest in your country and support us in translating the project pages to help us spread the word in your native language.

Feel free to contact us on our project Talk page if you need any assistance.

Kind regards,

Wiki loves Folklore International Team

--MediaWiki message delivery (トーク) 2022年1月9日 (日) 13:15 (UTC)

(翻訳 日本語
ウィキメディア・コモンズで開催された国際写真コンテスト「Wiki Loves Folklore 2022」に参加して、民俗創作活動など、さまざまな地域の民間伝承や無形文化遺産を記録するよう謙虚に招待されています。毎年2月1日から28日まで開催されます。
写真、オーディオ、ビデオを撮り、このコモンズコンテストに提出することで、お住まいの地域のコモンズに関する民間伝承文書を充実させるのに役立ちます。
また、あなたの国で地元のコンテストを開催し、プロジェクトページの翻訳を支援して、母国語で言葉を広めることもできます。
サポートが必要な場合は、プロジェクトのトークページでお気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いします。
ウィキはフォークロア国際チームが大好き 
 空白は僕が編集するときに入らないと思ったので消しました。
編集者--キリト キリト (トーク) 2022年3月22日 (火) 03:02 (UTC)キリト キリト)

テンプレート:hu-conj-ok を英語版と同じ仕様で表示したいです編集

ハンガリー語の動詞の編集にて動詞の活用形を表示するためにテンプレート:hu-conj-okを使用していますが、英語版のように表示・非表示を切り替えられる全ての活用形の一覧表として表示できません。 まずは英語版でのハンガリー語動詞活用形の基本のテンプレートhu-conjの移植を行いたく、編集を試みましたが不許可により登録できませんでした。テンプレートの新規登録等には何か手続きなど必要でしょうか?NekoyamaWataru (トーク) 2022年2月4日 (金) 03:06 (UTC)

未作成テンプレートの投稿について編集

昨日2001:ce8:116:d3bc:89fc:4f4e:2524:3ff5としてfacrofurを編集した者です。IPアドレスの新参者がこちらの編集室に意見を投稿することに関して生意気に感じられるかも知れませんが、どうしても思うところがあるので議題を上げさせていただきます。上記項目で未作成のテンプレートを投稿した際にMtodo氏により「作成されていないテンプレートを貼るような編集をするお前は悪い奴だ」といった旨のコメントがされました。私はこのプロジェクト参加にあたり事前にルールの確認をしており、過去の合意内容も一通り目を通した上で参加させており、もちろんその内容も多いので全てに目を通しきれているとは言えませんがルールを理解した上で参加させていただいているつもりです。また、私の見落としでこのような編集をしてしまったのであれば申し訳ないなと考え、この件について過去に合意があるか確認したところ「わざわざ合意はない」とのことで、どうやら暗黙の了解でそういったルールが決められていたようです。新規参入者から言わせていただきますと、スタイルマニュアルなどや過去の編集室に書いている内容なら目を通せば新規の人でも事前にルールを確認できますが、暗黙の了解で成り立っているルールは知る術がなく、それをもっていきなり非難されると正直wiktの編集を萎縮せざるを得ませんし、新規参加者いじめにも感じてしまいます。なのでそれだけ重要な事項であれば、新規参加者にも分かりやすいように未作成テンプレートの投稿に関するルールを合意したく思います。完全禁止なら完全禁止で、一瞬なら容認であれば「1時間以内」や「その日の内」などおっしゃっていただけますとその決定に従います。既に暗黙の了解で決まっておりましたらこちらに回答して教えていただけますと幸いです。私もjawiktの慣習やルールを尊重したく考えておりますので宜しくお願いします。 --2001:CE8:116:D3BC:752F:E7A2:4D16:32EA 2022年3月4日 (金) 08:18 (UTC)

  コメント一点ご注意いたします。私は、編集傾向の一致から、あなたが利用者:M-30722さんだと思っています。WikiMediaProjectにおいて、アカウントを有するユーザーが、他にアカウントを持ったり、ログインせずIPアドレスのまま活動することは、ブロック逃れの場合を除いて、禁止されているわけではありません。M-30722さんはブロックされているわけではないので、現在の活動は全く問題がないわけですが、あたかも、全く別人であるかのように振る舞われるのはいかがかと思います(w:Wikipedia:多重アカウント#副アカウントの不適切な使用(多重アカウント使用が禁止される行為)を参照ください)。--Mtodo (トーク) 2022年3月4日 (金) 13:49 (UTC)
  コメント まず、私はアカウントを持っていないのでM-30722氏ではないと断定致します。ただ、M-30722氏の作成した項目が多かった為この人物の編集を参考にして書き方を学んだのは事実です。なので確かに「模倣」はしています。テンプレートの作り方など当該人物の編集方法が間違っていたことは分かりましたので、悪い部分は真似ないよう気をつけたいと思います。 --2001:CE8:116:D3BC:752F:E7A2:4D16:32EA 2022年3月4日 (金) 14:06 (UTC)
同一のプロバイダからのログインされた投稿記録(特別:投稿記録/2001:CE8:116::/48)から、テンプレートの高度な使用法(特にカテゴリの付し方、何をキーワードにすれば実現できるかなど - それこそ文書化されていない)とかから決して初心者とは思えませんし、編集の興味を見ると同一人物であることはわかります。ベテランが初心者のふりをするのは議論の撹乱を招きます。提起された問題についてはM-30722さんの提案だとしても真っ当な提案なので、別アカウントで提案する必要はまったくないことです。--Mtodo (トーク) 2022年3月4日 (金) 14:20 (UTC)
初心者ではないと思っていただけていることについては光栄ですが、あくまでまだ既存ページを見様見真似でテンプレートを使用しており、プレビュー機能を使いながら思い通りに動いているか確認してやっている段階なのでそれぞれのテンプレートの使い方を覚えていっている段階です。また、M-30722氏は非常に幅広い言語を編集されているようですが、私はポルトガル語などのロマンス語を中心に興味があり、この人ほど扱える言語の範囲は広くありません。 --2001:CE8:116:D3BC:752F:E7A2:4D16:32EA 2022年3月4日 (金) 14:38 (UTC)
Eu posso dizer isso muito.--キリト キリト (トーク) 2022年3月22日 (火) 03:08 (UTC)
久しぶりに覗いて見ると私の過去の編集に関する話が出ておりましたのでコメント致します。まず、上記IPユーザーについてですが私には身に覚えがありません。この編集者の編集履歴を拝見させていただきましたが編集内容の要約こそ違うものの確かに私そっくりな編集の仕方で正直私自身困惑しております。悪意を持って私を装うことが無ければ良いのですが、万一そのようなことがありましたら対応お願い致します。
過去の編集でのテンプレートの扱いについてですが、当時まだ収録単語数が少なかったこともありそちらの整備よりも単語の作成を優先してしまっておりました。当時は特にそのことについて指摘が無く、いわゆる「黙認状態」となっていた為そのまま来てしまった状況です。ただ、当時は黙認されていたとしてもどこかのタイミングでしっかりと整備をしなければならないことは事実かと思いますので今に至るまでツケを残してしまった事をお詫び申し上げます。テンプレートを整備するタイミングとしてはまさに今かと思いますのでこちらと致しましては心当たりのあるところから責任を持って作成なり削除なり対応させて頂きます。
さて、本題ですが私からはテンプレートは1時間以内に必ず作成するという案で提案させていただきたく思います。なぜなら近年のテンプレートはモジュールを複数使用しているものも多くその中には項目名を読み取って出力しているものも多いです。もしテンプレート作成後でなければテンプレートを貼れないとなるとモジュールが正しく動くかどうかのテストが出来ずスクリプトエラーを引き起こしやすくなります。なので実際の項目での動作テストが望ましいと考えます。また、「1時間」というのはモジュールの編集に要する時間を考慮してこの長さで提案致しました。
もし作成後1時間を超過すれば作成者への警告なり削除なりの対応が良いかなと考えますが皆様いかがでしょうか? --M-30722 (トーク) 2022年3月12日 (土) 15:48 (UTC)
  賛成 いいと思います。基本的にはサンドボックスやテストケースを利用するのが望ましいですが、テンプレートは名前空間で処理を分岐させることができるので、最終的にはメイン名前空間で試す必要があるものも多いです。未作成のテンプレート呼び出しは一瞬たりとも許さないという方針よりは管理活動が難しくはなりますが、必要な対応だと思います。 --Naggy Nagumo (トーク) 2022年3月12日 (土) 23:55 (UTC)
  コメント別に、何時間という制限は必要ないと思います。テンプレート作成後アップしようとしたところ、作成前にミスクリックで残ってしまうということはあるでしょうから。ただ、「他の編集者に消されても文句は言わない」「長期間(1日程度でしょうか)の放置はマナー違反」という合意ができればいいと思います。赤字のテンプレートは、読む方にとっては無意味な文字列以外のなにものでもありませんから。--Mtodo (トーク) 2022年3月14日 (月) 20:44 (UTC)
では、赤リンクのテンプレートはすみやかに作成する方向で合意出来そうですね。時間制限につきましては管理上の都合や編集者間のトラブル防止といった観点から具体的な線引きを設けた方が良いかと思います。私自身は特に時間についてこだわりは無いですが、長くとも1日以内でしょうか。 --M-30722 (トーク) 2022年3月15日 (火) 15:25 (UTC)
テンプレートの作成を速やかに行う点で意見が一致しましたので赤リンクのテンプレートをすみやかに作成することで合意と致します。続きまして、「すみやかに」の線引きですが、「1日程度」とのご意見がありますので「24時間以内に必ず作成する」こととしたいと思いますがよろしいでしょうか? --M-30722 (トーク) 2022年4月2日 (土) 10:47 (UTC)
それでは、1週間以内に異議が無ければ「24時間以内にテンプレートを作成して赤リンクを解消する」ことで合意としたいと思います。とくに異議はございませんでしょうか? --M-30722 (トーク) 2022年4月9日 (土) 14:26 (UTC)
  終了 異議無しとのことで、赤リンクのテンプレートは24時間以内に作成することとします。尚、過去の赤リンクテンプレートにつきましては解消に努めてまいります。主な赤リンクは解消しまて「g」や「sl-tonal」は削除の方向で現在対処中です。その他お気付きのものがございましたらお知らせ頂けますと対処致します。 --M-30722 (トーク) 2022年4月17日 (日) 09:35 (UTC)

文書化された規則に従うか暗黙の慣習に従うか編集

利用者・トーク:Naggy_Nagumo#同音異義語の列挙には番号を使うという合意はなされていないはずですが

私は「Wiktionary:スタイルマニュアル」に従い日本語の同音異義のリストを「*」から「#」に変更しましたが、これは慣習違反だとしてお叱りをうけました。慣習違反はなぜ悪いですか?慣習化しているかどうかの判断はどうすればよいですか?どうして私はここまで責められるのですか?わからなくて困惑しています。 --Naggy Nagumo (トーク) 2022年3月5日 (土) 10:25 (UTC)

まず、簡単に言えば、慣習として確立された習慣を文書化する時間が惜しいからです。ウィクショナリーはウィキペディアよりはるかに少ない参加者で運営されています。積極的に改変を要するような事項でもなければ議論の労力は無駄と言っていいでしょう。
「国際音声記号あり」を隠しカテゴリにするか否かについては慣習があるか言えば最初にカテゴライズしたユーザーは隠しカテゴリにしたのに「あなた」がそれを外したものです。では、そのあと、そのカテゴリを利用した形跡があるかと言えばそれはありません。「具体的に」どういう用途があるというのですか?
音声記号があるのはその記事を見ればわかります、もし、音声記号がない記事に音声記号をつけたいというニーズがあれば、それがない記事を探す必要があります。そうすると、それは全記事をまとめる処理であって日常の編集とは全く関係のない作業です。
貴方は、だいたい、フォーマットの整理等でなく一般の記事の編集が少なすぎます。本当に、言語への興味を持ってこのプロジェクトに参加されているか疑問を持つ次第です。--Mtodo (トーク) 2022年3月12日 (土) 11:49 (UTC)
意見が相違するのは一向にかまいませんが、最後の2文は余計な一言だと思います。関心を持つ編集領域で利用者を選別するような物言いは止めていただきたいです。もちろん、通常の項目編集よりもフォーマット整理の活動は、他の利用者が作成した項目を広範囲にわたって変更する行為であるため、事前に提案を行うといった慎重さが求められることに留意すべきと思いますが。--Yapparina (トーク) 2022年3月12日 (土) 12:38 (UTC)
私もこの部分を加筆すべきかはちょっと悩みましたが、彼は、一般記事の経験が徹底して少なく、執筆において何が困っているか、どうあって欲しいかが分かっていないということで書かせていただきました。--Mtodo (トーク) 2022年3月12日 (土) 12:52 (UTC)
文書化された規則の方が慣習よりも優先されるべきであると考えます。「慣習」と言っても、見ておりましたらそれが編集者間の共通認識となっているとは言えず、それ故に上記のような摩擦を生むことになっていることかと思います。異なる編集のやり方が行われるのはまさに認識が異なっているということであり、それは慣習として確立し切っていないことを意味します。wiktionaryには各項目や利用者ページにトークページがありますので、そういった事例(明文化されていない事柄に関する認識の不一致)があった際にはまずトークページで話し合いの場を持つのが筋かなと思います。
また、今のjawiktについてですが全体的にコミュニケーション不足により様々なトラブルが発生しているかと考えます。もちろんその中にはもしかしたら私自身も含まれるかも知れません。MtodoさんもNaggy Nagumoさんもまずコミュニケーションを取ることで防げるトラブルがあるように感じます。
Mtodoさんについては「議論の労力は無駄」という考え方はまずいかと思います。wiktionaryなどwikimediaプロジェクトは多くの人が協力して作り上げておりますので編集者間のコミュニケーションは重要ではないのでしょうか。
Naggy Nagumoさんについては上記の隠しカテゴリの件や日本語形容動詞活用のテンプレートの件など他人の作成したものをいじる前に作成者に一声かけることでややこしい話や編集合戦を回避出来たように感じます。
そういう私自身ももう少し早く議論しておけばと思う場面がありましたので反省致します。
話を戻しますが、慣習違反に関してそれをいきなり責める行為は危険であると考えます。編集に関する批判はルールに基づいて行うべきで、ルール化されていないことについて批判することがまかり通れば例えば「あいつの編集が個人的に気に食わない」といった事でも批判出来てしまいかねません。慣習に反する投稿があった際は「この慣習はまだ編集者間の共通認識になっていないな」と思い、すり合わせを行うべきです。
その一方でMtodoさんの編集にはtariffagnosticism(修正済)のように言語名の順番pronの引数に関する合意を無視したものがありますがこれはどういう事でしょうか?
上記二つの合意は共にMtodoさんが反対されておりましたが例え合意内容が気に食わないものであるにせよ決まった以上は従う必要があるのではないでしょうか?合意も文書化もまだなされていない慣習に反する事で人を責める一方で合意に至った物を無視し合意違反の編集を行うことはダブルスタンダードですし、そういうところを「独裁的」と言っているのです。 --M-30722 (トーク) 2022年3月12日 (土) 15:48 (UTC)
@Mtodoさん 最初の一文については共感できます。何もあらゆる慣習を文書化する必要はない、というか現実的ではないですよね。しかしカテゴリの用途を聞いてどうなるのでしょうか?用途を聞くだけ聞いて、自分が理解できないという理由で全否定するかもしれないので、説明するだけ無駄な気がします。「音声記号があるのはその記事を見ればわかります」これは全く的外れで、逆に言えばカテゴリを除いてしまえば一つ一つのページを読み解かないとわからないということです。「一般記事の編集が少ない」のはどういう意味かちょっと分かりません。Mtodoさんが私に対して困っていることを伝える意図があったのかもしれませんが、伝わりませんでした。ちなみに私の関心は日本語版ウィクショナリーの量と質を共に高めることにありますが……といっても理解されないでしょうね。
編集態度について、事前のコミュニケーションが不足していたという点は理解しますし反省しています。しかしながら過去には提案しても何もコメントがつかないことが多くありましたし、変更を提案して無為に長い時間を待つのは億劫です。提案して反対がなくても実行に移したら非難されるということもありましたし、「コミュニティの合意」というものがどんなものなのかわかりません。 --Naggy Nagumo (トーク) 2022年3月12日 (土) 23:41 (UTC)
@Naggy Nagumoさん 確かにそうですね。私も過去に挙げた議題でほとんどコメントが無かったケースが複数ありました。それで合意がなされたと思い実行すると後出しで批判が来て振り出しに戻るといった経験をしております。何度も過去の議論を蒸し返されることがあり、その点は困っております。現在のjawiktではどの条件が揃えば合意成立かというのが曖昧な気がしますので例えば「これだけの期間特に反対意見が出なければ合意成立」や、「最後のコメントから一定期間新たなコメント無く経過したら決を取り、合否確定」など定めておくのが良いかも知れません(これについては本題から脱線する為別に議題を立てることにしましょう)。 --M-30722 (トーク) 2022年3月14日 (月) 15:23 (UTC)
僕も分からん!--キリト キリト (トーク) 2022年3月22日 (火) 01:23 (UTC)
@Mtodo 以前の話し合いでpronの引数を新規に付けることは非推奨ということで合意が成立された筈ですが、discusの編集で新たにpronの引数を付けられたのはどういう事ですか?合意して決めた事は慣習よりも下の扱いということなのですか?そんな事がまかり通ったら滅茶苦茶です。説明願います。 --M-30722 (トーク) 2022年3月26日 (土) 06:49 (UTC)
改めまして、慣習はあくまで慣習でありますので、強制力を持たせるべきではないと思います。もし強制力を持たせたい場合はきっちりとルール化し、明文化すべきであると考えます。 --M-30722 (トーク) 2022年4月14日 (木) 09:04 (UTC)

英語の動詞句の変化形は日本語版ウィクショナリーの採録対象外ですか?編集

利用者・トーク:20041027 tatsu#英語の動詞句について」でMtodoさんが指摘した内容ですが、根拠となる文書や議論が見つかりません。本当にコミュニティとして合意がありますか?そのままでは即時削除対象にならないということで白紙化を誘導していて、対処に問題がないでしょうか? --Naggy Nagumo (トーク) 2022年3月13日 (日) 08:02 (UTC)

  • 直接の契機はtakes placeの削除[2]などでしょうか。似た例ではtakes away fromhas toなどが存在しています。採録するともしないとも決まっていないというところではないかと思います。 --whym (トーク) 2022年3月13日 (日) 10:39 (UTC)
    • 上にある「暗黙の了解」です。既にこの方針で、300以上の記事ができています。これを改変するには、かなり積極的な理由が必要です。
    なお、「英語版に合わせる」が理由となるかというと、それだけでは理由にならないでしょう。動詞句の格変化は用いられている動詞の格変化を参照すれば十分であり、派生ページに書くこともほとんどなく(一般の動詞の格変化は、派生する名詞や形容詞など補足情報がつけられます)、記事の水増し以外のなにものでもありません。英語版以外の各言語版も同様の対応をしていると思います。--Mtodo (トーク) 2022年3月14日 (月) 20:36 (UTC)

動詞句の変化形をわざわざ立項する必要はないと思いますけど、作られてしまったページを削除する必要もなく、基本形へのリダイレクトにして済ませればいいと思います。そっちの方が読者目線でも便利だと思います。--Yapparina (トーク) 2022年3月15日 (火) 13:01 (UTC)

踊り字を使用した表記をソフトリダイレクト化する提案編集

物々しい‎」「蝶々‎」などの項目は(リダイレクトではなく)ソフトリダイレクト化することを提案いたします。リダイレクト化すると多言語版とリンクされません。ソフトリダイレクトとすれば多言語版とリンクされるため、ウェブサイトとしての価値を向上することができます。これらの項目はもともとソフトリダイレクトとなっていましたが、Mtodoさんによりリダイレクト化されています。その根拠となっているのは「Wiktionary:スタイルマニュアル/日本語#細則」とのことですが、「カテゴリ:日本語 和語の漢字表記」を考慮すればわかるように、この規則が適用されるのは主たる項目と考えるのが妥当です。 --Naggy Nagumo (トーク) 2022年3月13日 (日) 08:15 (UTC)

  賛成 他言語版とリンク出来るようにした方が閲覧者にしてみてはお互いの言語版間の行き来がしやすく利便性向上になりそうです。 --M-30722 (トーク) 2022年3月14日 (月) 15:28 (UTC)
  反対これを使うユーザーの気持ちになってみましょう。外国語版の多言語リンクをクリックします。ソフトリダイレクトのページが開かれます。何の説明もありません。そこにある本記事へのリンクをクリックして、ようやく、本記事へ辿り着けます。無駄なアクションが1個増えるわけです。「リダイレクト」というウィキの便利機能を殺しているわけです。--Mtodo (トーク) 2022年3月14日 (月) 20:02 (UTC)
  コメント 先ほどリダイレクトページの「時々」を見たところ、リダイレクトページでも他言語版と相互リンクされていることが確認できましたのでリダイレクトのままでも言語間リンクは問題無さそうですね。 --M-30722 (トーク) 2022年3月15日 (火) 15:29 (UTC)
いつの間にか仕様が変わっていたのですね。情報ありがとうございます。--Naggy Nagumo (トーク) 2022年9月20日 (火) 09:07 (UTC)

国際音声記号あり‎カテゴリを隠しカテゴリにしないようにする提案編集

カテゴリ:アイヌ語 国際音声記号あり‎」などのカテゴリを隠しカテゴリにしないように変更することを提案します。隠しカテゴリにする必要性がないためです。 --Naggy Nagumo (トーク) 2022年3月13日 (日) 08:17 (UTC)

  賛成です。--Alexandr3126 «T/M/C» 2022年3月13日 (日) 08:45 (UTC)
  反対英語版のテンプレートを無批判にそのまま移植するので起こった事象と考えます(「Wiktionary:編集室/2021年Q2#テンプレートを英語版(enwikt)に合わせなければならない理由」の話題にも通じます)。典型例は「東漢」で見られる「Kenny's testing category 2」なるカテゴリです(このようなのは、いくつかあり都度隠しカテゴリ化していますが、今回は例示のため残しています)。「見えるカテゴリ」は一般のユーザーの検索や興味の広がりに資するためにあるべきであり、過度な煩雑さは控えるべきです(あと、きちんとした配列にも配慮すべき)。先述の通り、IPAがあるかどうかは見ればわかりますし、IPAの付されている記事の集まりをわざわざ見に行って、次のアクションに移るという一般のユーザーの行動が理解できません。これは、おそらく、集合的に 「ある言語」 - 「ある言語中IPAのついた言語」 を処理し、「ある言語中IPAのついていない言語」を炙り出して、IPAをつける作業等に用いるためのものと考えます。そのような、専ら熟練した編集者でもなければ使わないようなカテゴリは、その機能の目的である「隠しカテゴリ」で対処すべきです。--Mtodo (トーク) 2022年3月14日 (月) 20:24 (UTC)
各ユーザーがどのような使い方をするかは予測が難しいので、Mtodoさんが考える使い方に限定して考えない方がよいと思いますが……。--Naggy Nagumo (トーク) 2022年9月20日 (火) 09:12 (UTC)

「日本語 同音異義」のフォーマット変更提案編集

カテゴリ:日本語 同音異義」について三つ提案します。

  • ①必須カテゴリを「カテゴリ:日本語 漢字表記語の仮名表記」に変更し、レベル3見出しを「漢字表記語の仮名表記」に変更する。解説対象語句が二つ以上の場合は「カテゴリ:日本語 同音異義」をつけるようにする。
  • ②対象語句が一つだけでも立項するよう変更する。
  • ③語義定義部分が箇条書きリスト(*【○○】)になっているが、番号付きリスト(#【○○】)に変更する。

①は「同音異義」といいながら、扱っている対象がもっと限定的であり、名前を変更した方が主題がわかりやすくなるためです。②は異表記を項目化することでウィクショナリーの価値を向上させるためです。対象語句が一つか複数かで扱いを分けることは理由がなく複雑だという理由もあります。③は慣習化している特殊ルールですが、「Wiktionary:スタイルマニュアル」と合わないため、特に維持する必要のなさそうな特殊ルールをやめるためです。なおここで「漢字表記語の仮名表記」という用語が表すものは、日本語版ウィクショナリーにおいて漢字を使って立項するような語句をかな表記したものです(くうこう、うえきばち、ひきざん、ハンマーなげ、あせをかく など) --Naggy Nagumo (トーク) 2022年3月13日 (日) 08:54 (UTC)

  賛成 対象語句が一つだけのものと複数あるものとの統一感が取れて良いと思います。また、対象語句は一つであるが別表記があるもの(執筆依頼にある「日露」と「日魯」がそうでしょうか)も扱いやすい気がします。 --M-30722 (トーク) 2022年3月14日 (月) 15:37 (UTC)
  反対
  1. まず、「同音異義語」は確立したスタイルなので、これを改変するには、改変によって得られるメリットが相当大きいことを要します。
  2. 「対象語句が一つだけ」というのは、「読み」をリダイレクトしている件でしょうか。であれば、上に記したとおりです。読み(音)はわかるが字を知りたいという機会に、検索に読みを入れて、1語しかないソフトリダイレクトページに飛び、それから本記事に誘導することとなります。無駄なアクションが1個増えるわけです。せっかくのリダイレクトの機能を殺しています。
  3. 語義において番号付きリストを使っているのは意味があります。一つは、同義語・反意語・翻訳などにおいて、語義別のインデックスの用です。もう一つは、余り意識はされていない方も多いとは思いますが(参照している元々の辞書や他言語版が元々その傾向にあるので無意識に従っている場合が多数だとは思っています)、各語義間の関係の関係に従って振られています。基本的には語源順(基本義→派生義・比喩等)になっているはずです。例外的に廃語を後ろに回すことはあるでしょうが。一方で、同音異議は各語は独立並列であるので、語順意義を意識させる表記は避けるべきです。--Mtodo (トーク) 2022年3月14日 (月) 21:10 (UTC)
  • ①については、おっしゃっているとおりだと思います。賛成します。読者目線で見ても現状はわかりづらいと思います。例えば、「いし」のページでは「石」だけ名詞として解説があって他の同音語は別ページへのリンクになっておりますが、日本語版ウィクショナリーにおける立項ルールを知る人や和語・漢語の違いがすぐに分かる人などの一部を除き、多くの読者にとってなぜこんなページ構成になっているのか理解できないでしょう。同音異義語と書いておきながら実際には「扱っている対象がもっと限定的」の通りだと思います。②と③については特に賛否の意見を持ちません。--Yapparina (トーク) 2022年3月15日 (火) 13:24 (UTC)
@Yapparinaさん 提案しておいて申し訳ないのですが、行動に移すエネルギーがないので代わりに纏めていただけませんか? --Naggy Nagumo (トーク) 2022年9月20日 (火) 09:14 (UTC)

どんな条件を満たせばコミュニティの合意成立とするか編集

現在のjawiktではコミュニティの合意に関して曖昧な点があると感じております。また私以外の編集者からも「コミュニティの合意」というものがどんなものなのか分からないとの意見が出ており、過去にはすでに合意成立しているであろうと考えられた物事に対してかなり後になってから反論が出て過去の議論が蒸し返されたケースが複数例ありましたのでどういった条件を満たせば合意成立とするのか決めていきたいと考えています。私の案としましてはとりあえず

  1. 議題作成後反対意見が出ないまま1ヶ月経過したら可決
  2. 議題作成後提案者以外が全て反対意見で1ヶ月経過したら否決
  3. 方向性が定まってきて、「では、この議論は可決/否決でよろしいでしょうか」等の確認をした後1週間異議が出なければ提案の可否決定
  4. 賛否が分かれた場合は異なる意見を尊重した上で互いに折り合える点を探る

というのはいかがでしょうか?また細かな点等議論を通して決めていきたいと思います。皆様のご意見宜しくお願いいたします。 --M-30722 (トーク) 2022年3月22日 (火) 15:50 (UTC)

ウィキペディアの秀逸な記事のようなものを日本語版ウィクショナリーでもつくったらどうか編集

こんにちは、職員室です。現在、日本語版ウィキペディアはじめ、多くのウィキメディアプロジェクトの言語版にはそのプロジェクトの中のよくできた記事や、内容を抜粋したコーナーがあります。日本語版ウィクショナリーでも、そのような、よくできた項目を決め、一覧にするページを作ってはどうでしょうか。

よくできた項目を紹介することで、それを参考に他の項目の品質を上げることができると思いますし、ウィクショナリーが少し賑やかになるのではないかなと思います。ただウィクショナリーを閲覧しているだけの人にとっても、ウィクショナリーについてより知っていたたげるのではないでしょうか。 日本語版ウィクショナリーは既に項目数がそれなりにありますし、ガイドラインも整備されているので、良いのではないかと思います。英語版(Wiktionary:Word of the dayWiktionary:Foreign Word of the Day)でも既に導入されています。

是非、ご意見を聞かせてください。宜しくお願いします。--職員室 (トーク) 2022年5月20日 (金) 15:12 (UTC)

  コメント 一応、相当するものとしてWiktionary:今日の単語というものは過去に作られていましたが、もう15年ほど更新が無い状況です。ただ、今と15年前ではjawiktの規模も違うので希望者が居れば復活させるのもありかと思います。 --M-30722 (トーク) 2022年5月20日 (金) 15:18 (UTC)
@M-30722さん、コメント有難うございます。日本語版ウィクショナリーにもそのようなものがあったのですね。教えて頂き、有難うございます。以前行われていたものを再整備して、復活するというので良いのではないでしょうか。ルール等は、かなり整っているので、このまま再活用しても良いかなと私は思います。ただ、15年前よりは規模が大きくなっていると言っても、毎日更新は厳しいのではないかなと思います。最初のうちはできていたとしても、長く継続するのは難しいでしょう。2週間周期くらいで大丈夫かなと思います。
他にもご意見がありましたら、是非、コメントお願いします。--職員室 (トーク) 2022年5月21日 (土) 02:58 (UTC)
  賛成です。ただ私も毎日更新は大変だと思うので、最初のうちは「今週の単語」くらいの頻度でもいいと思います。--Alexandr3126 «T/M/C» 2022年5月21日 (土) 12:13 (UTC)
 提案 タイトルについて、一つ提案があるのですが、今週の単語から、今週の言葉にしませんか。Wiktionary:今日の単語のルールでは成句や、ことわざでもノミネートして大丈夫だということになっていますが、"単語"となると、少しズレてしまうと思います。タイトルを変更するのを提案します。--職員室 (トーク) 2022年5月22日 (日) 09:20 (UTC)
  コメント経験上言わせてもらうと、この程度の参加人数では続かないと思いますよ。有害なプロジェクトではないので反対はしませんが、せっかくの投稿エネルギーは、ちゃんとした記事の作成に使われたほうが有用ではあると考えます。--Mtodo (トーク) 2022年5月22日 (日) 11:04 (UTC)
  提案では、とりあえず一年分の「今週の言葉」を作成して、しばらく何年かはそれを使い回すのはどうでしょうか。--Alexandr3126 «T/M/C» 2022年5月22日 (日) 11:27 (UTC)
  コメント 導入するハードルは低い方が始めやすいかなと思いますので今週で始めてみて良いかと思います。今日の言葉にするにせよ今週の言葉にするにせよまずは言葉をノミネートしないことには始まらないので良さそうなものがあればノミネートしていくことにしましょう。これは既存のものなのでノミネート自体は特にここでの合意前からどんどんやってもらって構わないかと思います。 --M-30722 (トーク) 2022年5月22日 (日) 12:02 (UTC)

(インデント戻しました)   コメント 皆さん、コメント有難うございます。@Mtodoさんがおっしゃるとおり、継続が危惧されると思いますが、有用性はあると思います。まずは一週間に一語という形で再開でいいかと思います。

また近々、Wiktionary:今週の言葉Wiktionary:今週の言葉/ノミネート受付の作成が必要ですかね。Wiktionary:今日の単語に関しては、とりあえず放置という形ですかね。それとも、廃止にしてしまいますか。--職員室 (トーク) 2022年5月23日 (月) 09:17 (UTC)

特に新たに作成せずとも既存のWiktionary:今日の単語を使って良いかと思います。名称は「今日の言葉」にするのも良いかと思います。とりあえずノミネートが集まるまでの当面の措置として週ごとの発表とし、集まってきたら日替わりにする感じで良いと思います。 --M-30722 (トーク) 2022年5月25日 (水) 05:57 (UTC)
テンプレート:wotw を作成してみました。今週の言葉を採用しているチェコ語版の cs:Wikislovník:Slovo týdne, cs:Wikislovník:Slovo týdne/2022/21 のように、Wiktionary:今週の言葉/01からWiktionary:今週の言葉/53をあらかじめ作成する形になりますがどうでしょうか。一応、毎年使いまわせるように週数の数字のみにしています。--Alexandr3126 «T/M/C» 2022年5月25日 (水) 13:11 (UTC)
@Alexandr3126さん、テンプレートの作成、有難うございます。そのような形で良いのではないかと思います。また、@M-30722さんがおっしゃっているように、Wiktionary:今日の単語をとりあえずとして再利用する形で良いと思います。ただ、名称をWiktionary:今日の言葉に変更したほうが良いかと思うので、特に異議がなかったら移動という形で、変更したいと思います。--職員室 (トーク) 2022年5月26日 (木) 08:05 (UTC)
Wiktionary:今日の単語Wiktionary:今日の言葉変更しました。--職員室 (トーク) 2022年6月1日 (水) 14:25 (UTC)

ラテン語動詞の見出し語編集

はじめまして、普段はjawpで活動しております、Kingfiser と申します。ラテン語動詞の見出し語についての質問及び提案があります。古典ラテン語の学習において、不定法ではなく一人称の直説法現在(例えば、amō)を見出し語とすることが普通であると認識しております。現に英語版 Wktionary でもそうなっており、不定法 amāreamo への案内となっています。日本語版ではどうし不定法現在を見出し語としているのでしょう。過去ログを検索してみましたが、それらしい理由を見つけることができませんでした(もしかすると調査不足かもしれません)。もし妥当な理由がないのであれば、ラテン語動詞では直説法現在一人称を見出し語とすることを提案します。--Kingfiser (トーク) 2022年6月13日 (月) 08:17 (UTC)

  コメント 私が編集活動を始めた頃には既に今の不定法を見出し語にするスタイルであったと思いますので経緯は分かりかねますが、慣例的にそのようなやり方が続いてきたと言えます。私としては一人称を見出しにすることについては構わないとは思いますが、「カテゴリ:ラテン語 動詞」は現時点で929項目なのでここの変更はともかく、「カテゴリ:ラテン語 動詞 定形」には現時点で5800項目以上収録されておりこれら全てのリンク先の変更、また英語やフランス語等各言語の語源のリンク先の変更等手を加える必要のある箇所が膨大で、このルール変更がそれだけの事をする価値があるかどうかがポイントになるかと思います。 --M-30722 (トーク) 2022年6月19日 (日) 11:29 (UTC)
  コメント ラテン語を全く知らないのにコメントして恐縮ですが、世の中の一般的なスタイルに揃えるというのは妥当な理由かと思います。一般的でないスタイルを維持する相当な理由がなければ、手間をかけてでも一般的なスタイルに変更するのがよいかと思います。大部分は手作業での変更になるかもしれませんが、一部でもボット作業で自動化できそうなところがあればボット作業をお勧めします。 --Naggy Nagumo (トーク) 2022年6月23日 (木) 13:37 (UTC)
  コメント 確かに過去の議論にも無さそうですね。ラテン語の辞書においては動詞は一人称単数を見出しにするのが一般的で、enwiktでもそのようになっておりますので世間一般的なやり方に合わせるのは妥当な判断かと思われます。影響範囲が広いところが懸念している点ではありますが、もしボットである程度の作業が可能なのであれば特に反対する理由はないかと思います。とりあえず、既存の項目を全て変えるのは時間を要すると思いますが、ラテン語はヨーロッパ系の言語の語源に頻繁に登場するので方向性を早めに決めて、今後新たに作る項目の見出しをどちらで書くか定めておいた方が良いと思います。 --M-30722 (トーク) 2022年6月27日 (月) 14:02 (UTC)
ラテン語入門120分 - 神戸大学附属図書館の p.2(pdfとしては6ページ目)に「ラテン語の動詞は通常一人称・単数・直説法・現在(私は~する)の形で表記され、辞書の見出しもこの形をとります(辞書によっては不定形)。」と書いてあるので、不定形を見出しにとる辞書もいちおうあるにはあるようです(具体的にどの辞書がそうなのかは分かりませんが)。あとはラテン語の編集の多い方にどういう事情か説明していただけるとありがたいところですが。--Ryota7906 (トーク) 2022年6月27日 (月) 21:51 (UTC)
現時点でラテン語の編集が一番多いのは恐らく私と思いますが、私がラテン語の編集を始めた頃には既に不定形を見出しにする習慣がjawiktにあった為、それを真似た形です。なので事情としては先人の編集を真似たといったところなので今の形に不都合があれば見直しても問題ないと思います。もしラテン語の動詞の編集をする際にenwiktのテンプレートをそのまま用いる場合はテンプレートの動作エラー防止の為にenwiktと同じく一人称単数を見出しに取る形に合わせた方が良いかも知れません。 --M-30722 (トーク) 2022年6月28日 (火) 15:12 (UTC)
(インデント戻します)ラテン系言語の動詞は不定形を見出しとするのに、なぜ、ラテン語だけが直接法現在一人称単数形能動態を使うのかを、誰かが説明してくれるのかと思って待っていたのですが、結局その説明は出ないようですね。
本件確かに、一般の辞書や「現在の」英語版wiktionaryなどは「直説法・現在・1人称単数・能動態」が主たる見出しになっています。この辺りは、ウィクショナリー立ち上がりの時この様な議論の結果です(なお、当時の英語版wiktionaryの主たる見出しは不定形でした)。ただ、当時は、あまり深く考えなかったところですが、現在は、このやり方の方が合理的かなと考えています。
まず、ラテン語以外のラテン系言語は不定形が一般的に主見出しとなっています。これが何を意味するかといえば、その言語だけの辞書ならばあまり意識されませんが、例えば、ラテン語とイタリア語の動詞で不定形同形というケースはよく発生し、その場合、同一のページで比較がしやすいというメリットがあります。
で、最大の問題ですが、「直説法・現在・1人称単数・能動態」を見出しにしようにも、そんなもん存在しないという「重要な動詞」の一群があり、それは、ラテン系動詞全てにわたるということです。
なお、英語版テンプレートの件ですが「盲目的に」あれを信用するのはどうかなと思ってます。最近は、あまり編集しないんで改善されたかは確認してないんですが(というか、英語版をコピーしても修正されるよう改造しておいた)、曲用の並びが、一般的なラテン語学習の整理と異なっていたりしたりするので、そういうのはラテン語版を標準に作ったつもりです。右から左にコピーするのではなく、コピー時にちゃんと当該言語に関する知見(少なくとも、その言語に関して紙の辞書が参照できる環境があること)をもって、チェックするくらいは辞書を作る上での良心と考えます。
で、前から言い続けていることですが、大きな変更を加えるならば、その変更に見合ったメリットがあるべきです。今回は私にはそれが示されていないと考えます。---Mtodo (トーク) 2022年6月28日 (火) 15:51 (UTC)
Mtodoさん、過去の該当する議論を提示して下さりありがとうございます。私自身もラテン語とイタリア語の動詞の比較といった面でjawiktの不定形を見出しにする方式が便利であると感じております。また、非人称動詞(ningerepluere等)には第三人称しか存在せず、これらはそもそも一人称を見出しにすることが不可能です。ちなみに、enwiktではこの場合三人称単数が見出しとなっておりますが見出しがある単語は一人称で、またある単語が三人称と不統一となっており、不定法を採用するjawiktの方が統一感の面で優れているかなと考えます。
また、まさに今回の変更は影響範囲のかなり広い大きな変更にあたりまして、ラテン語はロマンス語をはじめ多くのヨーロッパ系の言語の単語の語源となっており、多くの言語の語源の記述にも影響が出てくる変更となり、それだけの変更を加える価値があるかどうかの見極めが必要であると考えます。 --M-30722 (トーク) 2022年6月28日 (火) 16:06 (UTC)
  反対 しばらくコメントがなく、影響範囲の広い議論である為そろそろまとめたいところですが、私としては現状の不定形を見出しにする方法で維持したいと考えております。また、enwiktから引っ張ってきたと思われる最近使われ始めた新しい活用テンプレートも一人称単数の見出しでも正常に動作することを確認致しました。編集に関しましては現状の方法に特に支障はなく、影響範囲の膨大なルール改訂を行う必要性はないかなと思いますので「現状維持」を提案致しますが皆様いかがでしょうか? --M-30722 (トーク) 2022年8月17日 (水) 13:58 (UTC)
影響範囲の大きい議論なのでそろそろまとめたいところですが、賛成2、反対2、Ryotaさんは中立でよろしいでしょうか。賛成が反対を上回らない為特に賛成意見が出なければ本提案は否決とし、現状の不定法を見出し語とする形で維持としたく思いますがいかがでしょうか?
また、追記としまして、現状の不定法を見出し語とするメリットとして語形を見ただけて活用のタイプを判断しやすいというものがあります。例えば、-āreなら第一活用、-ēreなら第二活用、-ereなら大三活用、-īreなら第四活用といった具合です。一方一人称単数形の場合、-ōは第一活用・第三活用どちらでも有り得、-iōは第三活用・第四活用どちらでも有り得る為語形だけでは活用の種類を判断しにくいデメリットがあると考えます。 --M-30722 (トーク) 2022年11月30日 (水) 17:24 (UTC)
  反対 すなわち一人称単数形ではなく不定形を見出しにする方法に賛成します。--Ryota7906 (トーク) 2022年11月30日 (水) 19:41 (UTC)

「えぶり」と「いり」編集

朳と杁が同意で記述されているが、全く別の文字・意味である。--2001:268:C299:B0F5:15E7:1016:1E5F:FC06 2022年8月9日 (火) 07:21 (UTC)

カテゴリの場所編集

スタイルマニュアルにもカテゴリの付け方にも載ってなかったので教えてください。

既存の記事にカテゴリを追加したいと思っています。Wikipediaであれば記事の末尾に「Category:○○」「Category:□□」とつければいいのですが、Wiktionaryの複数の言語にまたがる記事でそれをやると「日本語」「日本語_品詞」「中国語」「中国語_品詞」「日本語_分野」「中国語_分野」のようになってしまいます。

正直なところ言語別(「日本語」「中国語」など)や品詞別(「日本語_名詞」など)のカテゴリもどこで発生しているのかわからないので、指針等があれば教えてください。--PuzzleBachelor (トーク) 2022年8月11日 (木) 12:14 (UTC)

特に決まりがあるというわけではありませんが、並びとして、「言語分類」-「品詞」-「類義語他関連語」のセットが繰り返されるパターンになっています。各々の見出しの下にカテゴリを付せば、カテゴリのつけ忘れが防げるため、その方法が確実です。ただ、複数のカテゴリが付されるテンプレートがいくつかあるため、その場合は、代々品詞見出しの下におきます。この下位のカテゴリは品詞テンプレートの下位におきます。ということでよろしいでしょうか。--Mtodo (トーク) 2022年8月11日 (木) 12:27 (UTC)
ありがとうございます。うまくいったので「テンプレートの下」「本文の上」に入れるようにします。--PuzzleBachelor (トーク) 2022年8月11日 (木) 14:28 (UTC)

この話題を受けて、Wiktionary:カテゴリの付け方へ項目での記入方法を追加する提案を、Wiktionary・トーク:カテゴリの付け方#項目での記入方法を追加でしているのでお知らせします。--Yapparina (トーク) 2022年8月21日 (日) 13:43 (UTC)

質問編集

ギャラクシーライナーと申します。 なりすまし防止のために副アカウントを作成したいと思っているのですが。  適切な使用であれば作成はOKなのでしょうか?--'''[[利用者:ギャラクシーライナー|ギャラクシーライナー]]''] (トーク) 2022年9月7日 (水) 13:48 (UTC)

ウィキペディア同様、複数のアカウントは認められます。使用に際してはウィキペディアにおける取り扱い(w:Wikipedia:多重アカウント#適正な使用(多重アカウント使用が認められる行為)w:Wikipedia:多重アカウント#副アカウントの告知など)を参照願います。--Mtodo (トーク) 2022年9月7日 (水) 16:35 (UTC)

漢字項目における発音見出しの扱いについて編集

以前議論してきました発音見出しに関する議論において、まだ方針を決めていなかった漢字項目につきまして具体的に決めていきたいと思います。漢字項目、とりわけ日本語の発音見出しについてどうしていくかを決めていきたいと思いますが、この「発音」節は発音を解説していないので節タイトルを「読み」に変更した方が良いのではないかという意見を頂きまして、私も確かに「読み」とした方がしっくりくると思いましたので見出しの名前を「読み」にしたら良いのではないかと考えておりますがいかがでしょうか?以下、私個人の意見ですが発音に関しては読みとは区別して通常の項目と同様、アクセントを表すような形ですれば良いかなと考えております。例としましては
===読み===

  • 音読み
  • 訓読み
    • 常用漢字表内
      ◯◯

==={{noun}}===

  1. ◯◯)語義

===={{pron}}====
{{ja-pron|◯◯|acc=○}}
のようなイメージはどうかと考えております。何かご意見ございましたらお願い致します。--M-30722 (トーク) 2022年9月22日 (木) 12:43 (UTC)

  賛成 --Naggy Nagumo (トーク) 2022年10月1日 (土) 12:25 (UTC)
見本としてに現在提案中の内容を反映致しました。1週間待ちまして特に反対意見が出なければ合意としたいと思いますがいかがでしょうか。 --M-30722 (トーク) 2022年10月8日 (土) 13:25 (UTC)
  賛成 --Aaaa!₃.₁₄ (トーク) 2022年10月13日 (木) 19:51 (UTC)
  反対変更することのメリットが全く伝えられていない割には、変更対象が多すぎます。今までのことでもそうですが、これだけの大ごとを高々2、三人の賛成で進めることには抵抗を感じます。「まだ方針を決めていなかった漢字項目」?15年以上このこの型で(見出し語を変えるまでの議論は一切していません)、誰も今まで作成に困ってません。テンプレートの問題であれば、他のものと同じようについでに、引数の削除に止めれば済む話です。--Mtodo (トーク) 2022年10月14日 (金) 09:12 (UTC)
@Mtodoさん ご意見と致しましては「単にpronの引数を削除し、{{pron|ja}}→{{pron}}とする」という理解でよろしいでしょうか?なお、私個人の意見としては「読み」とするのでも単に引数を削除するだけでもどちらでも構いません。それを踏まえまして改めて皆様いかがでしょうか? --M-30722 (トーク) 2022年10月14日 (金) 12:03 (UTC)
それなら、単なる内部表現で外部表現への影響を与えず、一応合意事項なので意義はありません。わざわざ、bot対応するのは馬鹿馬鹿しいと思いますが(非推奨というのは、編集合戦が起こった時にどちらで落ち着かせるかという機能に過ぎませんので)。--Mtodo (トーク) 2022年10月14日 (金) 12:09 (UTC)
承知致しました、返信ありがとうございます。とりあえず、pronの引数廃止につきましては過去の議論で合意済でございますので以後作成する項目につきましてはpronに引数を使わない形での立項とし、見出しを「pron」とするか「読み」とするかその他の見出しとするかは引き続き議論する形としたいですが、一旦そのような形で宜しいでしょうか?(既存の項目につきましては私の方でも編集の際に順次引数を外していきます) --M-30722 (トーク) 2022年10月14日 (金) 12:12 (UTC)
それでは、pronの引数を外すのは既に合意が確立されたものと確認できましたので{{標準の内容/漢字}}をpronに引数を用いない形に更新致します。以後、漢字項目におきましてもpronに引数を使わない形を基本とします。 --M-30722 (トーク) 2022年10月14日 (金) 18:30 (UTC)